bi

1937年(昭和12年)から始まった関西学生対校駅伝競走大会は2005年の第67回大会に、コースを京都・丹後半島から滋賀・琵琶湖西岸へ移し、「びわ湖大学駅伝」として新たなスタートを切りました。参加校数も関西の20大学から、東海、中四国、九州の計6大学が招待校として加わり、そのエリアは西日本全体に広がりました。正に「学生駅伝西日本一」を決定する学生の祭典です。2009年は、競技のレベルアップをはかるため、2008年の22大学に続いて、出場校を18大学に絞り込む一方、5回目を記念し、新たに関西学連選抜チームを編成します。


ai

更に2011年度大会では全体の競技力の強化の成功に伴い、21大学が出場すると変更し、関西学連選抜を廃止しました。琵琶湖最北の西浅井町から大津・膳所城跡公園まで秋の湖国路83.6kmを襷を繋ぐコースは、日本最大の湖、琵琶湖の美しさも満喫させてくれます。沿道の応援には20万人もの方が駆けつけてくれるまでになりました。主催する関西学生陸上競技連盟、滋賀県、読売新聞社は力を合わせながら、箱根駅伝と肩を並べ、"東の箱根、西のびわ湖"と称されるような大会にしていきます。


Copyright(C) biwakodaigakuekiden All right reserved.